缶バッジメーカの特徴について

カレンダー

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新情報

2017年12月14日
オリジナルバッジなら円形以外も作れますを更新。
2017年12月14日
ちょっとした記念にオリジナルバッジ制作を更新。
2017年12月14日
オリジナルバッジは便利なアイテムを更新。
2017年12月14日
缶バッジメーカの特徴についてを更新。

ミラー缶バッジ

オリジナルバッジの作成を某缶バッジショップに依頼すると、個包装オプションをサービスとして提供してくれます。そのため、オリジナルバッジをガチャでの販売やイベントで配布する際に作成した際にお勧めのサービスとなります。そして、希望する場合は、作成するバッジ1個につき10円となります。他にも、某缶バッジショップではミラー缶バッジというサービスがあり、女性の人気を集めているオプションとなります。
缶バッジでオリジナルのミラーを作成できる上に、アナログ原稿でデザインを入稿することも可能です。アナログ入稿であれば、オリジナルバッジを作成するためのデザインデータの原稿作成が難しい人であっても、紙で原稿を送ることができます。なぜなら、アナログ入稿でも某缶バッジショップでは、メーカー側で缶バッジデータを作成してくれるからです。
よって、オリジナルバッジの作成について詳しくなくても相談することで、アナログ入稿でデザインを作成してもらう方法を取ることができます。また、缶バッチと一緒に台紙を袋詰めするサービスも提供されているので、台紙があることでオリジナルバッジを引き立たせることが可能です。ちなみに、2?3個での袋詰めも可能となります。某缶バッジショップのサービスの1つとなるアナログ入稿は、デザインの作成が苦手であってもバッジのデザインを作成してもらうことができます。

オススメの業者

オリジナルバッジを作成してくれるメーカーとなる某缶バッジメーカーでは、防サビ加工を施してくれます。なぜなら、防サビ加工を施していないバッジは、水分を含む印刷用紙と金属パーツの接点でサビが発生するからです。また、某缶バッジメーカーでは印刷用紙裏面にコート層を施すので、用紙と金属パーツが接する事を防ぎます。なので、根本よりサビが発生する原因を排除し、納品してから1年以内にサビが発生した場合は無料で再製作するサービスを提供しています。
ただし、オリジナルバッジを高温多湿な環境化で使用したり、水没や雨に濡れた場合でのサビは保証対象外として扱われます。他にも、某缶バッジメーカーでは世界基準のピン形状であるフック型ピンを採用しています。そのため、フック型ピンなら安全ピンタイプより強い力が加わった際に、ピンが缶バッジから外れることが無いので安全設計となります。また、世の中の缶バッジは通常の印刷物と違って、職人によるハンドメイドなのでメーカーによって品質に差が出ます。
けれども、某缶バッジメーカーでのオリジナルバッジの作成は、素材だけでなく化粧紙や印刷において厳選された材料を用いて仕上げます。その上、フルカラー印刷となるので、複雑なデザインや写真をバッジにプレスすることができます。オリジナルバッジを作成する際は、多色をバッジに施す場合は某缶バッジメーカーに依頼するのがお勧めとなります。

Copyright(C)2017 オリジナルバッジは様々な種類の型から作れるので用途に合わせられる All Rights Reserved.